ぱるのアウトドアライフ ~ paru,s surf & trek holidays

シーカヤックを中心にトレッキング、キャンプ、MTB、サーフィン、ウインドサーフィン 、カヤックフィッシング、ロードバイク等などの記録をを月一ペースでのんびりと綴っています                      海の写真が映えるようにちょこっとリニューアル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

キャンプ@輝北うわば高原キャンプ場  ダウンヒル@烏帽子岳

すっかり涼しくなって秋ですね。
甥っ子たちを連れて秋キャンプに行ってきました。

輝北うわば 002

まずは少年自然の家であった農業体験。
区画を借りて大根、レタサイ(レタスと白菜のあいのこ)の植え付け。収穫が楽しみっす。

そのあと輝北うわ場高原キャンプ場へ向かいます。

輝北うわば 010

風があって肌寒いのでスクリーンタープを張りました。

輝北うわば 017

風車がブンブン回って空港にいるみたいです。

輝北うわば 023

ちびっ子たちとドッジボール。かなり疲れます・・

輝北うわば 047

ここの名物、桜島の向こうに沈む夕日。
この日もきれいでした。

輝北うわば 048

MTBで疾走するちびっ子たち。
3連休ということもあってコテージは一杯。

輝北うわば 053

着いたときは貸切かと思ったのですがさすがに他に数組のキャンプ客が集まりました。

輝北うわば 062

寒いのでタープの中でバーベキュー。
スクリーンの中にシャングリラ3を張りました。
これからの季節はそろそろ防寒対策が必要ですね。
夜は満天の星空でした。



先日は久しぶりにMTBでダウンヒルに行ってきました。

mtb 008

いつもの烏帽子岳の登山道です。
ルイガノのMTBは今年でもう10年選手。でもまだまだしっかりしていて、あと10年は使えそう。

mtb 007

標高470mから一気に海抜0m付近まで下ります。

mtb 006

雨のあとで道の一部は川状態。

mtb 005

ずいぶん古い道標がありました。
里表示なのでもしかして江戸時代?明治時代?

mtb 003

秋の味覚、栗がたくさん落ちていてお土産に持って帰りました。

mtb 001

降りた頃は泥だらけ。
いや~、楽しかった。


スポンサーサイト

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/09/27(火) 15:13:53|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

デイキャンプ@吹上海浜公園 男キャンプ@北薩広域公園  台風15号サーフ&ウインド

もう10日ほど前になりますが、吹上海浜公園へデイキャンプへ行ってきました。

吹上海浜デイキャン 039

いつものフリーサイトにアウトフィッターを張って。

吹上海浜デイキャン 053

キックボードでの娘の演技を見た相棒は・・

吹上海浜デイキャン 060

両足あげの演技。

吹上海浜デイキャン 062

どうだ!と言わんばかりの満面の笑み。

吹上海浜デイキャン 105

自転車で走るのが気持ちのいい季節になりました。


初投入ってわけでもないのですが一応・・

吹上海浜デイキャン 041

3年間酷使したドイターのデイパック、ナバホがついに穴が開き寿命となりました。そこで次のバッグをいろいろ物色したのですがコイツに決めました。

吹上海浜デイキャン 043

私のお気に入りのバッグブランド、オスプレーのMOMENTUM34。
(モーメンタムというとサーフィンビデオを連想します・・)

吹上海浜デイキャン 042

自転車にも使えるようメットホルダーもついています。以前も何回か利用した、イギリスのバイクショップ EVANS CYCLESで購入しました。山用ではないので少し重めですが、といってもその差数百グラムなので日帰りトレッキングでも全然余裕で使えそうです。




先日は相棒と二人で北薩広域公園へ男キャンプに行ってきました。

14時のチェックインまで、

北薩広域キャンプ 001

里山散歩をしたり、

北薩広域キャンプ 033

生まれて初めて見る囲炉裏に興味しんしんだったり、

北薩広域キャンプ 026

井戸で遊んだり。



北薩広域キャンプ 044

7番サイトに張りました。
ビールを飲んで再び園内散策。

北薩広域キャンプ 053

足湯でズボンを濡らしてしまい、

北薩広域キャンプ 059

恥ずかしながらこんな格好で遊んでいました・・

北薩広域キャンプ 075

ヒガンバナを見ると秋本番って気がします。

北薩広域キャンプ 085

今年捕まえたカブトムシやクワガタは先日近くの山に返してあげたのですが、この日もクヌギの木にノコギリクワガタがいました。

北薩広域キャンプ 092

日中は死ぬほど暑かったのに、夕方になるとひんやりしますね~


さて台風15号が接近しつつある20日、波乗りに宮崎に行きました。
今回は台風時によくお世話になる日南南部のFポイント。
道中大雨のために道路があちこちで冠水していて、どうなることかと思いましたが無事到着。サイズは頭オーバーでたるめながらなかなかのコンディション。サーファーも5人ほどでのんびり楽しめました。
画像は携帯を忘れてありません・・

翌21日は風を求めて加世田の海へ。

uind 004

かなり吹いています。

uind 003

ほとんど砂嵐状態です。足に砂粒が当たって痛い・・

uind 001

今回初導入の4.0m2と、

uind 002

クアトロのフリースタイルウェイブ95。

4.0でもかなりオーバーでセイルを引き込むのが大変でした。クワトロの板はなかなか調子が良く、ジャンプの後の走り出しが早い早い。これからはこちらの板がメインボードっす。



テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/09/22(木) 11:28:31|
  2. 北薩広域公園キャンプ場
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:7

カヤック@坊津

屋久島で山と森を満喫した二日間。
そうすると人間って贅沢なもので今度は海が恋しくなります。
屋久島から帰った数日後、早速海へ遊びに行ってきました。

カヤック 001

波も風もないこの日の遊び道具はカヤック。
出艇場所は今回も坊津の丸木浜です。

カヤック 004

生ビールのようなきれいな泡。
う、うまそう・・ 

カヤック 007

早速漕ぎ出します。
真っ青な空と、

カヤック 009

エメラルドグリーンの海。
この色は今は無き新燃岳の火口湖を彷彿させます。

カヤック 013

B&G海洋センターを横目で見つつパドルします。

カヤック 014

海の上で一休み。
お楽しみのブランチは爆弾おにぎりと、

カヤック 015

プシュ。
誰もいない海の上で最高っす。

ここからデジカメをいつものDiCAPacに入れます。

カヤック 017

2kmほど漕いだところにある草島がターゲット。

カヤック 019

草島ゲット。
この狭いところを通るのが結構ドキドキ。

カヤック 020

無事通過。
海の上からじゃないと見れない景色ですね。

カヤック 024

今回のメインテーマはここで潜ること。
早速準備を。

カヤック 044

義弟からもらったアンカーを今回もってきました。
早速おろしてドボン。

カヤック 029

透明度が抜群ですごくきれいです。
ただ潮の流れが思いのほか速くてうまく写真が撮れません・・

カヤック 033

それでもしっかりアンカーは効いています。
こんなんで・・?と思っていたのですが、さすがに効果バッチリです。

カヤック 039

しばらく草島の海の中を満喫した後は近くのビーチへ向かいます。
ここも前回来たときにマークしていたポイント。

カヤック 110

無事上陸。

カヤック 106

完全に孤立したビーチで陸上からのアクセスは皆無。
海からしか行けない秘密のビーチってところでしょうか。
ここでも潜ってみます。

カヤック 050

まずはキンギョ(ネンブツダイ)の群れがお出迎え。

カヤック 058

カヤック 065

でかいブダイ発見。

カヤック 084

色とりどりの珊瑚が群生しています。
どれもやや小ぶりですが、これから大きくなるとかなりきれいになりそうです。

カヤック 087

カヤック 113

寝転ぶのにちょうどいい岩があります。
暖かくて気持ちいい。

カヤック 122

名も無き秘密のビーチに別れを告げて丸木浜へ戻ります。

カヤック 131

重くて持ち運びに苦労するシットオントップのカヤック。
今回からドーリーを導入。おかげでだいぶ楽になりました。

カヤック 141

帰り道、近くの展望台に手書きの地図がありました。
あのビーチは?と思って見てみると・・

カヤック 145

やはり名も無きビーチでした。






テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/09/17(土) 23:25:43|
  2. カヤッキング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

2DAYトレッキング@屋久島 後編

「ZZZ・・・ZZZ・・・」
たらふく三岳を飲んであっという間に深い眠りに落ちたのがたしか20時過ぎ。程なく小屋の隅からなにやら聞こえる低い音で目が覚めました・・
トホホ
仕方なくトイレにでてなんとなく空を見上げると満天の星空!
低音の主にちょっと感謝です。
寝床に戻りこんなこともあろうかともってきたブツがこちら、

吹上海浜デイキャン 159

科学の耳栓。
以前noriさんが屋久島の小屋でいびきの犠牲になった記事を見て
ちゃんと用意してきました。
装着すると、5mほど先から聞こえていた地鳴りのような低音が、30mほど先から聞こえる心地いい子守唄のように変わります。これはいいぞと思ったのもつかの間、再び深い眠りに・・
山で泊まる時は必需品です、これ。


前回Z氏と行った時寝過ごしたトラウマからか朝6時にはぴったり目が覚めました。早速準備をして山小屋をあとにします。

屋久島 120

朝もやに包まれる森。

屋久島 127

コケにも朝日が差し込んで。

屋久島 135

空を見ると雲ひとつ無い快晴。

7時過ぎには車に戻り、ヤクスギランドへ向かいました。

屋久島 143

道路を作る時、川上さんのおかげで保存されたという川上杉。
そこから更に車で下ると、

屋久島 158

紀元杉。
白い樹肌が真っ青な空に映えます。

屋久島 153

縄文杉ほどではないですがそれでも十分すぎるほどの迫力。
檻の中の動物みたいな縄文杉よりこちらのほうが威厳を感じます。

屋久島 160

この日は私の大好きなヤクスギランドです。

屋久島 162

くぐり栂をくぐってスタートします。

屋久島 166

千年杉。

屋久島 168

清流沿いに歩いて行きます。

屋久島 171

相変わらずいい感じの木道。
ここにはコンクリートや鉄は似合わないですね。

屋久島 172

「真っ二つの木」

屋久島 178

「怪獣の木」

屋久島 185

沢からシェラカップですくって飲むのがGOODです。
今回の旅では二日とも天気がよく苔が少し乾いていました。
そこで沢の水を苔たちにもサービス。

屋久島 189

キラキラ水滴が光ってきれいで、緑の色もはっきりします。
森の中だけで言えば、屋久島は雨の日のほうが個人的には好きだなぁ。

屋久島 190

蛇紋杉を過ぎるといよいよここの森の核心部へ入ります。

屋久島 199

やはりここが一番いいですね~

屋久島 195

名も無き巨木たちがあちこちに。

屋久島 202

苔も素晴らしいし、

屋久島 210

言うことなし。

屋久島 234

最後の急登を過ぎしばらくすると天柱石の鎮座する太忠岳。

屋久島 216

ロープをよじ登り、

屋久島 224

太忠岳ゲット。
ちょうど二つの巨石が垂直の角度になっています。
見上げるとどっちが地面かわからなくなってひっくり返りそうになります。この写真も怖いので寝転んで撮りました。先日ここから落ちて救急車で運ばれた方もいらしたようなので要注意です。

屋久島 221_edited-1

写真の撮りあいする時のmujiさんの腰も完全に引けています・・

屋久島 219

では、早速棒ラーメンを食します。

屋久島 229

もののけの森を眺めながら食らう棒ラーはやっぱ最高。

屋久島 223

で、あまりにうまかったのでもう一杯。

屋久島 237

帰途はくぐり杉が最後のゲートになります。

屋久島 238

レンタカーを返却し最終のトッピーで夢の島をあとにしました。

さて、今回は初めての一泊二日での屋久島の旅でしたが
なかなか中身が濃くて満喫できました。
mujiさんと二人「もうおなか一杯だね~」

吹上海浜デイキャン 003

で、ここから追憶の旅が始まります。
そのお供はペットボトルに入れて持ち帰った、屋久島の沢の水で割ったお酒たち。
しかし追憶の旅だけではなく再び夢想の旅の始まりでもあります。
そう、次は11月にいよいよ宮之浦岳再アタックっす!


テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/09/11(日) 15:51:48|
  2. 屋久島 太忠岳
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:11

2DAYトレッキング@屋久島  前編

前回の記事でご紹介した加藤氏の本で、
「行くまでの準備期間の夢想の旅、実際に旅にでて確認の旅、そして終わってからの追憶の旅と三度の旅を味わえる」と書かれています。
今年の5月に行った坊がつるでチーム薩摩のmujiさん、マルケンさんと次回は屋久島に行こうということになりました。それから4ヵ月、長い夢想の旅が終わりいよいよ確認の旅に屋久島へ行ってきました。

屋久島 001

いつもの7時半出発のトッピーに乗り込みます。
今回残念ながら一緒に行けなかったマルケンさんの思いも一緒に、
いざ出発。

屋久島 141

宮之浦でレンタカーを借り、前回と同じ安房にある泊酒店で三岳を調達し
淀川登山口についたのが11時半。
ここから今回のトレッキングのスタート。

屋久島 006

コケと、

屋久島 003

屋久杉と、

屋久島 007

ヤクジカが出迎える中、

屋久島 008

40分ほどで淀川小屋に到着。

屋久島 115

前回来たときは工事の資材とかが積まれていたテン場もきれいになっていました。

今回はここから屋久島でもっとも眺めのいいと言われる黒味岳を目指します。ピストンなのでテントやシュラフ等は小屋にデポして、軽くなった足取りで登り始めます。

屋久島 010

小屋から標高差470mの登りです。

屋久島 098

巨木たちの素晴らしき森。

屋久島 016

トーフ岩が見えてきました。
何度見てもこの岩はすごい。

屋久島 019

約一時間で小花之江河です。

屋久島 021

巨大な白骨樹の群れを抜けて、

屋久島 027

花之江河に到着。
昨年Z氏と訪れた時はここまででした。
そしてここで指をくわえて見ていたのが・・

屋久島 028

この黒味岳の巨石の上に立つトレッカーたちの姿です。
今回はいよいよ私たちがその番です。

屋久島 030

縦走路から黒味岳分岐を左に進みます。

屋久島 032

それまでの歩きやすいなだらかなルートから、一転して急坂が続き息が上がります。

屋久島 039

あとわずか・・

屋久島 054

黒味岳ゲット。

屋久島 088

巨大な花崗岩の岩に立つとものすごい高度感なのですが、
見渡す限り360度、素晴らしい景色です。

屋久島 062

奥岳の数々。
左から永田岳、そして宮之浦岳、栗生岳、翁岳。

屋久島 087

九州最高峰 宮之浦岳。
思ったよりなだらかな山頂です。
次回こそはここへ!

屋久島 072
 
いつかは、と思う永田岳。
宮之浦に登り鹿之沢小屋から永田歩道を通って永田浜へと続くルートは私の中での屋久島の最終目標。

屋久島 085

翁岳の上にも魅力的な巨石が。
前回は縄文杉に行く途中、ちょうどこの反対側からこの山を見ていました。

屋久島 086

このピークは安房岳かな。

屋久島 070

最高の天気に恵まれて奥岳だけでなく海まできれいに見えます。
島影は口永良部島のようです。

屋久島 057

そしてなんと開聞岳の雄姿まではっきり見えます。
あの山頂からもきっとこちらを見ている人がいるんでしょうね。

屋久島 040

そして前回悔しい思いをした花之江河です。

屋久島 076

ここまで祝福に駆けつけてくれたのかな?
この景色をいつでも見られる彼らにちょっとジェラシーを感じます。

屋久島 052

山頂のこの岩の上で寝転んで眺めた奥岳や真っ青な空は忘れられないだろうなぁ。

30分ほど誰もいない私たちだけの楽園でゆっくり過ごしたあと、残念ながら後ろ髪を引かれつつそろそろ下山。あと何時間でもここにいたかった・・

屋久島 097

途中何度も黒味岳を振り返りました。
いつかまたあの場所へ!

屋久島 101

もののけの森に差し込む夕日。
すっかり夏の力強さは無くなって秋のやさしい光です。

屋久島 103

夕日に照らされて巨木も少し違った印象でした。

小屋に戻ったのが17時過ぎ。
早速寝床の準備を済ませて宴会の準備です。

屋久島 105

森の中にタイベックシートを敷いて、

屋久島 104

すぐ近くを流れる沢から極上の天然水を仕込んで、


屋久島 109

いつものコイツを割って、


屋久島 111

乾杯!
待ちわびた一瞬です。

屋久島 112

メニューはこちら。

屋久島 108

小屋に5人ほど他にも泊まる方がいらっしゃるのですが
皆さん中で食事をとるようで森の中には私たちだけ。

屋久島 114

UCOのマイクロランタンの炎と共に静かな森の時間が過ぎて行きました。


テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/09/08(木) 17:17:42|
  2. 屋久島 黒味岳
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

夏キャンプ@かいもん山麓ふれあい公園 台風12号ライド@糸島

早いもので楽しかった今年の夏ももう終わり。
8月31日、夏の最後の一日を満喫しに相棒(長男坊)と
ラストサマーキャンプに行ってきました。

かいもん 009

まずは開聞岳近くにある番所鼻公園で磯遊び。
ここはあの伊能忠敬が日本一の絶景であると賞賛した公園で、今年の春に新たに整備されたようです。

かいもん 034

潮が引ききっていなくて魚やタコは捕まえられずちょっと残念。

かいもん 049

新しく出来た鐘。
打つ回数で色々効能があるそうですが、そんなの関係ねえとばかりにひたすら打ち続ける相棒、まるで火事でも起きたかのようでした・・

かいもん 066

プールもこの日が最後なのでかいもん山麓ふれあい公園キャンプ場です。早速設営をしてプールでたっぷり遊びました。


今回は二つほど初投入ブツがあるのですがまずはこれ・・

かいもん 067

小川のアルミスリムミッドチェアです。
実はお気に入りのリラックスアームチェアをもう一脚買い足そうと思ったのですが、今年から私の使っているブラックが廃盤になっていました。色が混じるのは嫌なのでブラックでローテーブルに合うイスを探したところこちらがありました。

かいもん 068

重さが1.6kg、仕舞い寸法もかなりコンパクトで相棒の散歩の時にも持ち運びしやすいですね。

かいもん 070

同じ素材なのでリラックスアームチェアと並べても違和感無くなかなかいい感じっす。座面高も全く同じ35cm。

かいもん 090

相棒の足がちょうどローテーブルの下に入ります。

かいもん 089

まだ3時半だというのに腹減った~と相棒がうるさいので、早くも夕食の準備です。

かいもん 096

レトルトだけでは足りなさそうだったので近くのAコープで買ったカツをトッピング。

かいもん 115

腹いっぱいになったら岩で遊んで、

かいもん 152

貸切のサイトをストライダーで走って、

かいもん 169

誰にでも近づいてすぐに仲良くなるのが特技の相棒、この日も小学生の姉弟二人と仲良くなってずっと遊んでいました。
遊んでくれてありがとうね~

かいもん 170

サイトに戻ると疲れ果てた相棒は一瞬で深い眠りに・・

かいもん 177

まだ日も暮れていないのに一人宴会スタートです。

かいもん 175

夕日に染まる開聞岳を眺めながらの一杯はうまい!

かいもん 181


さて、もう一つの初投入はこちらのランタンです。

かいもん 086

UCOのマイクロランタン。
実はもう一つランタン系はいいブツを入手してあるのですがそれはまた次の機会に。今回は来週行く屋久島に持っていくコイツの火入れ式です。

かいもん 184

はっきり言ってただのキャンドルですね。しかも値段が値段だけに作りはかなりちゃちいです。しかし安っぽく見えないのはさすがのデザインです。僅か110gなので山にもって行くのにぴったり。屋久島の森の中でこの炎を眺めながら三岳の「屋久島の沢の水」割りを飲むのが楽しみっす。


金曜の夜から所用で福岡だったのですが、台風12号の波があるとのことで、土曜日の朝、福岡の友人N氏と波乗りに行きました。

iii 003 - コピー

糸島にあるNポイント。
波の小さい漁港側には20~30人ほど入ってるのですが、サイズの大きい島側はわずか4、5人でみんなでセット乗り放題でした。

iii 002 - コピー

見た目グシャってますがセット頭~頭半。たまに入るでかいレギュラーのセットはなかなかでした。いや~、久しぶりの福岡でいい波に乗れてよかった^^

iii 001 - コピー

帰りは以前住んでいた前原にあるこちらのラーメン屋に。
昔と変わらない味でした。


さて、私の敬愛するバックパッカー 加藤則芳氏。
治療の出来ない難病ALSを発症されたとのことで私もちょっとショックだったのですが、病の中執筆された本が出ています。

iii 005

かなりのボリュームで当分の間じっくり楽しみながら読めそうです。

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/09/04(日) 12:26:42|
  2. かいもん山麓ふれあい公園オートキャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

プロフィール

ぱる

Author:ぱる
九州南部を中心に
子供と一緒に海や山で遊んでいます。

コメント欄の代わりにメールフォームを追加しました。何かお聞きしたいこと、ご意見、連絡事項等などありましたらお気軽にこちらにどうぞ。

最新記事

カテゴリ

カヤッキング (28)
トレッキング (99)
立石山、二丈岳 (1)
坊ガツル (3)
久住山 (0)
久住山、平治岳 (1)
三俣山 久住山 (1)
星生山 (1)
中岳(久住) (2)
大船山 (2)
傾山 (1)
市房山 (1)
甑岳 (3)
韓国岳 (13)
大幡山 (1)
殿様まぶし (1)
矢岳&龍王岳 (2)
新燃岳 (4)
高千穂峰 (4)
獅子戸岳 (1)
大浪池 (5)
アバンダントしらとり (1)
白鳥山 (2)
栗野岳 (3)
池巡り (3)
長尾山 (1)
鳥神岡 (1)
紫尾山 (2)
白銀坂 (1)
花尾山 (2)
矢筈岳 (1)
八重山 (5)
鷹ノ子岳 (2)
銭積石 (1)
冠岳 (0)
材木岳 (1)
牟礼岡 (1)
金峰山 (2)
鬼門平 (1)
磯間嶽 (2)
野間岳 (2)
開聞岳 (1)
高隈御岳 (1)
大箆柄岳 (2)
横岳 (1)
刀剣山 (2)
屋久島 白谷雲水峡 (1)
稲尾岳 (1)
屋久島 太忠岳 (2)
屋久島 蛇ノ口滝 (1)
屋久島 花之江河 (1)
屋久島 縄文杉 (1)
屋久島 黒味岳 (1)
屋久島 投石平 (1)
屋久島 宮之浦岳 (2)
キャンプ (107)
蔵迫温泉さくら (1)
南登山口キャンプ場 (1)
モーモーランド久住 (1)
日向サンパーク (1)
ゆのまえグリーンパレス (2)
大平渓谷キャンプ場 (1)
歌瀬キャンプ場 (2)
栄松キャンプ場 (1)
かるかや (1)
ひなもりオートキャンプ場 (14)
酒谷キャンプ場 (1)
霧島国民休養地 (0)
えびの高原キャンプ村 (2)
楠本川渓流自然公園キャンプ場 (6)
矢岳高原ベルトンオートキャンプ場 (2)
北薩広域公園キャンプ場 (12)
観音池公園オートキャンプ場 (2)
平江キャンプ場 (1)
八重山公園キャンプ場 (4)
三重嶽キャンプ場 (3)
森のかわなべオートキャンプ場 (1)
吹上浜海浜公園キャンプ場 (12)
大隅広域公園オートキャンプ場 (6)
森の駅たるみず (1)
輝北うわば公園キャンプ場 (2)
アグリランドえい (8)
かいもん山麓ふれあい公園オートキャンプ場 (11)
指宿エコキャンプ場 (5)
くにの松原オートキャンプ場 (2)
大浜海浜公園 (1)
海遊び (16)
大川島海水浴場 (1)
脇本海水浴場 (1)
ダグリ岬 (2)
唐浜海水浴場 (1)
唐浜 (1)
垣瀬浜 (1)
坊津B&G海洋センター (1)
あじろ浜 (2)
丸木浜 (1)
南郷プリンスビーチ (1)
外遊び (3)
キャンプ用品 (2)
自転車 (11)
釣り (8)
サーフィン (5)
ウインドサーフィン (2)
日常 (5)
チーム薩摩 (8)
個人輸入 (3)
未分類 (6)

カレンダー

08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。